成分

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンは化合物で、体内で合成されますが基本的には大半が食べ物から摂取されます。

以前は、牛の脳から抽出したものが使われていましたが現在はキャベツや大豆から取り出す事がスタンダードになっています。

ホスファチジルセリン効果

ホスファチジルセリンを6週間から12週間続けるとアルツハイマー病の症状を一部、改善する効果がある場合があります。症状が重度では無い限り効果的な成分とされています。

また、認知機能の低下が見られる注意力、言語能力、記憶力を改善するようです。

ホスファチジルセリンの期待

■科学的根拠は不十分ですが、うつ症状を改善するデータがあります。

■運動によるストレスの改善。筋肉痛を緩和するデータがあります。

■運動能力の改善

■思考能力の改善

■ADHD(注意欠陥多動性障害)への効果の期待

ホスファチジルセリンの安全性

ホスファチジルセリンは安全は実証されていますが、300㎎以上摂取した場合には不眠症や胃もたれなどの症状が出る場合があります。

動物から抽出したホスファチジルセリンで牛海綿状脳症(BSE)のような疾患の伝染が疑われたりもしますが今の所は、そのような疾患になったという報告はありませんが心配であれば植物性のものを選ぶといいでしょう。

関連記事

  1. DHA
  2. EPA

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP